【無料ブログ】と【有料ブログ】の比較とおすすめ

●ライター情報
この記事はこんな人におすすめ
  • ブログでちょっとした収入を得たいと思っている人
  • 収益化可能な無料サイトを知りたい
  • 有料サイトと無料サイトの違いを知りたい
  • 無料サイトがどのくらいお得なのか知りたい

いまさら「ブログ?」って思わないでください。ライターとして記事単価をアップさせたいという人におすすめしたいのが、ブログ運営なのです。

高単価な案件をゲットするためには、自分がどの程度の記事を書くことができるのかアピールすることが大切です。

「SEO記事・コラムなど」を通して名刺よりも名刺がわりになるのが「ブログ」。それが、これから『ブログをやる意味』だと私は思ってます

無料ブログサイトでサイト運営

ブログは、大手企業が運営している無料サイトに登録すれば簡単に作ることができます。わざわざ有料でブログを開設する必要はない人は、無料ブログサイトでコラムを書くのがおすすめです。

たくさんの無料サイトがありますが、ここで20サイト以上紹介する必要はありませんので(無料サイトでヒットします)、中でも運用していて有益性のあるサイト5つを紹介したいと思います。

長期的に有益性のある無料サイト
  • FC2ブログ
  • Amebaブログ
  • はてなブログ
  • ライブドア
  • note

ヤプログ・so-netなど、一時は一斉を風靡したサイトも今後閉鎖してしまうものもあります。新規登録する場合は、下記の条件をチェックして選びましょう。

無料サイトを選ぶポイント
  • アクセス数:月間訪問者数はどのくらいか?→多い方が集客率が高い
  • 収益性:アドセンスやアフィリエイト広告を貼ることができるか?→収益化できる
  • カスタム性:HTML・CSSの編集はできるか?→デザインを変えられる
  • 集客性:SEOに強いか?→ネットの上位に出てくる

上のようなポイントを押さえておけば、「ただ書くだけ」の無料ブログから「アフェリエイトを導入したい」と思っても、有料ブログへ変更できるのでスペック選びは大切です。

無料ブログのメリットは、大手が運営するサイトなので0からスタートするよりもたくさんの人に読んでもらうことができるので、営業が苦手な人にもおすすめです。

次に紹介する無料サイトブログには、下のような表を取り入れています。

運営会社→ 国内の方がトラブルのときにやりとりしやすい
容量→ 写真を多く使う人は容量が多い方がいい
月間訪問者数→ 訪問者が多いと集客率が高まる
運営側の広告→ 運営側が貼っている広告を非表示にできるか
独自ドメイン→ 独自のURLを所得できるか
カスタム→ ブログデザインをどのくらい変更できるか
アフィリエイト→ アフェリエイト広告収入が可能か
アドセンス→ アドセンス広告収入が可能か

無料ブログでは、突然ブログ記事が削除されるという事例もあります。トラブルが起きた場合、海外サイトではきちんとした回答が得られないこともあるのです。それぞれ自分の条件にあったブログを選んでくださいね。

無料プランでも収益化OKの「はてなブログ」

運営会社㈱はてな
容量 月300MB
月間訪問者数8119万
運営側の広告有料プラン(月額1008円)で非表示
独自ドメイン有料プラン(月額1008円)なら利用可
カスタムテンプレ30以上/HTML・CSS○
アフィリエイト
アドセンス独自ドメインなら可(有料プラン)

多くの方がWordPress以外のブログサービスを選ぶなら「はてなブログ」をおすすめしています。月間の訪問者数は1万人を達成しないものの、ソーシャルブックマークという機能で「はてなブックマーク」がついています。

自分がブックマークしたお気に入りを他の人も閲覧できる仕組みになっています。これによって、多くの記事が拡散されていくようになっています。

  • アフィリエイト利用が可能
  • アドセンスの登録に必要となる独自ドメインでの運用も可能
  • サービス運営側が表示する広告を消すことができる
  • はてなブックマーク機能が使いやすい
  • カスタマイズ性が低い(テンプレートが40前後)
  • 無料プランは容量が少ない
  • 無料プランは広告が表示される
  • 無料プランは独自ドメインが利用できない

無料でもアフェリエイトができますが、さらに収益化する場合は、有料プランはてなブログProへの登録が必要です。しかし有料化しても、アドセンスの審査は非常に厳しいようです。

「記事を書きたい」「拡散したい」という人には、いちからサイトを作り込む必要がないので無料のはてなブログがおすすめです。

YUI
YUI

運営ポリシーはやや厳しめ。アフィリエイトはOKだけど、書き方によっては削除されることもあるので要注意です。

SNS感覚で使える「Amebaブログ」

運営会社㈱サイバーエージェント
容量1TB 
月間訪問者数2億2480万
運営側の広告有料プラン(月1008円)で非表示
独自ドメイン×
カスタムテンプレ300以上/HTML ○ / CSS ×
アフィリエイトA8など一部でOK
アドセンス×

芸能人やインフルエンサーのブログというイメージが強い「Amebaブログ」です。多くの著名人がAmebaブログを利用していることで、月間の訪問者数もぐんを抜いて多いです。Amebaブログは、無料ブログなのに集客率が高いのがメリットです。

  • 国内での利用者数・読者数のユーザーが多い
  • 他のブロガーとの交流機能が優れている
  • SNSに近い感覚で使える
  • 30~40代の女性ユーザーが多い
  • 容量が1TBと大きい
  • カスタム性が低いため、他のブロガーとの差別化は難しい
  • 独自ドメインが利用できない
  • アドセンス広告はNG
  • 広告を非表示にするためだけの有料プランは割高
YUI
YUI

芸能人やモデル、著名人のブログが多いですね。ファッションやライフスタイルを提案したい女性におすすめ!

自由なカスタマイズでブログを差別化できる「ライブドアブログ」

運営会社LINE㈱
容量無制限
月間訪問者数1億8043万
広告ほぼ非表示にならない
独自ドメイン○ (※)
カスタムテンプレは500以上/HTML・CSS○
アフィリエイト○(※)
アドセンス独自ドメインなら可(※)
(※ただし独自ドメインの購入費用が別途必要)

ライブドアは、私も利用していたひとりです。デザインテンプレートが500種類以上もあり、HTML・CSSの編集も可能なので、サイトのカスタム性に優れています。他のブログと差別化したい人にはおすすめです。

私はCSS編集がさっぱりだったので、既存のテンプレートを使っていました。テンプレートがたくさんあり、季節で変わったりもするのでそのときの気分でリニューアルしやすいのがいいところです。

トップページ・個別記事・カテゴリページ・アーカイブページなど、各ページを個別にデザイン編集できるところも大きな魅力です。

  • ブログ用のデザインのテンプレートが豊富
  • LINEでブログの更新通知が受け取れる
  • アダルトコンテンツもOK
  •  ブログアカウントは10個作れる
  • スマホ版はデザイン性が低い
  • スマホ版は運営側の広告を非表示にできない
ポンタ
ポンタ

容量も無制限だし、アカウントも複数作れるのはライブドアだけ!趣味のブログ運営では使いやすいかも!

YUI
YUI

現在は、ライブドアはLINEが運営しているので、LINEを通して更新の通知ができます。広告収益ではデメリットが多いですね。

集客率NO.1の「FC2ブログ」

運営会社FC2, Inc.(アメリカ)
容量10GB
月間訪問者数2億3450万
広告有料プラン(月300円)で非表示
独自ドメイン有料プラン(月300円)で利用可
カスタムテンプレ 6000以上/HTML・CSS ○
アフィリエイト
アドセンス独自ドメインなら可

運営会社がアメリカにある「FC2ブログ」は、老舗の無料ブログのひとつです。月間訪問者数が多い上にスペックも充実しています。有料プランが月々300円と他社を抜いて格段に安いのも特徴。

デザインのテンプレートは6000種類以上。商用利用もOKと全体的に良心的です。ただ、運営会社がアメリカなので、突然ブログを削除されてしまうなどトラブルも耳にします。

自由度が高いですが、その分リスクもあるということは覚えておきたいところです。

  • カスタマイズ性が高い
  • ユーザーが多い
  • 各種ランキングによるアクセス数が多い
  • アダルト系もOK
  • SEOに強い
  • Bingサーチエンジンには表示されない
  • 1ヶ月間ブログを更新しないと広告が表示される

YUI
YUI

有料サイトにすると保存容量は無制限になるし、けっこういいことづくめ!集客率も高いので、Oからスタートの人はおすすめよ。

これからブログを始めるなら「note」がおすすめ

運営会社㈱note
容量なし
月間訪問者数1368万
広告非表示にできない
独自ドメイン有料プラン(月500円)で利用可
カスタムテンプレなし/HTML・CSS ×
アフィリエイト
アドセンス独自ドメインなら可

テキスト・イラスト・写真・音楽・動画など様々な形式のコンテンツを発信することができるクリエーターのための新しいプラットフォームです。

SNS感覚で投稿ができる「つぶやき」、ブログなどの文章は「テキスト」、写真や画像は「イメージ」、音楽は「サウンド」、動画は「ムービー」などが配信できます。

記事を有料化したり、フォロアーをサポートする機能がついています。また、有料記事をまとめて「マガジン」として販売したり、定期購読での販売にも対応しています。

有料プランに登録すると、Amazonアソシエイトなど一部アフェリエイト広告が使用できます。2020年に一気に飛躍。まだ進化中で、これから新しい枠組みが広がっていきそうです。

  • 記事による収益化が可能
  • SNS感覚で利用可能
  • 人気記事は拡散されやすい
  • デザインが画一的なので表現しやすい
  • デザイン性が画一的で差別化されない
  • 時系列表示なので記事が埋もれやすい

YUI
YUI

2014年からスタートして、最近認知度がアップし、SEOにも強くなってきました。

ポンタ
ポンタ

note+SNS(主にTwitter・Facebook)の2つ使いで発信していることが多いね!

「アドセンスっ何?」「どうすれば収益化できるの?」という方には、アドセンスの申請方法などを記事にまとめていますので参考にしてください。

あわせて読みたい

有料ブログを立ち上げるなら「Word Press」しかない!

ここまでいくつかのおすすめ無料ブログサイトを紹介しました。しかし、無料ブログサイトで収益化(広告収入)を目指そうとすると、必然的に有料サイトへ変更をしなければいけないことがわかりました。

また、内容によっては削除されてしまうのも大きなデメリットです。最初からブログを作れば、自由に運営することができます。

そこでおすすめしたいのが「Word Press」です。有名ブロガーのほとんどは「Word Press」を使っています。これは、ネット上でブログが投稿管理できるシステムです。

CMS(コンテンツ管理システム)ともいわれ、サイトやページ制作に必要なHTML/CSSやPHPなどのWeb技術がない初心者でも、サイト管理や記事が投稿できるので人気を集めています。

Word Pressを使うには?

WordPressは無料でダウンロードできますが、個人のサイトを立ち上げるためにサーバーとドメインが必要になってきます。そこでWord Pressと合わせて一括管理してくれるレンタルサーバーに登録する必要があります。

  • サーバー:「土地」
  • ドメイン:「住所」→サーバーとセットで月額有料
  • WordPress:「家」→無料でダウンロード

上記の3つがサイト作りに必要な三種の神器です。

レンタルサーバーに登録する

サーバーとドメインは、レンタルサーバーでレンタルしなければいけません。「土地」と「住所」はいわゆる賃貸契約になります。レンタルサーバーもたくさんあります。先ほど紹介した無料ブログサイトも、有料ブログにする費用は月々1000円以下でした。

レンタルサーバーも月々500~1,000円程度で十分です。私は、お名前.comを使っています。住所=ドメインは、好きな名前をつけることができます。サーバーでドメインも含めて、毎月賃貸契約します。

ドメインの選び方

ドメイン名(好きな名前)の後に、.com、.info、.netなどを選べます。どれを選択しても問題はありません。迷ったら、なじみある「.com」の取得がおすすめです。

ちなみに、当サイトでいうと『https://www.chiricovita.com。赤線部分がドメインです。住所=URLですね。

WordPressをダウンロードする

サーバーで契約してドメインを取得したら、「家」となるWordPressをインストールします。WordPressのおすすめの理由は、やはり無料だからです。

ブログを長期化できるかは、管理人次第です。運営はできるだけコストがかからないようにするのがポイントだと思っています。

Word Pressのメリット
  • 無料で使える
  • 自由度にカスタマイズできる
  • デザイン(テーマ)が豊富
  • 記事の作成・更新が簡単
  • WordPressに関する情報が多い

テーマをダウンロードする

WordPressをインストールすると、テーマをダウンロードできるようになります。テーマとはデザインのことで、無料ブログサイトで利用するテンプレートと同類のものです。

無料のテーマがいろいろとありますが、Word Pressはどれも外国のもので使い勝手がいまいちなんですよね。私がおすすめするのは、「Cocoon」です。

今使っているデザインもCocoonのものです。Cocoonは無料なのに、カスタマイズが自由でとても便利です。

ブログを運営していく

これでようやく「自分のブログ」を作ることができました。しかし、ここからが一番大事。サイト何を軸としてサイトを運営していくかです。
ブログの情報発信は、正しい情報を発信する目的でサイトを作ることが大切です。

  • 経験、知識、スキルを詰め込んだ読む人にとって価値のあるものにする
  • ていねいに作りこむ時間=対価となって戻ってくる

「そんなスキルない」という人もいるかもしれません。では、好きなものはどうでしょう?アニメなど得意分野はありませんか。好きなことについて書いていると、自然にライティングスキルもアップしていきます。

Webマーケティングスキルを学ぶ

ブログ運営で何百万円稼いだという人もたくさんいます。収益化したい場合は、Webのマーケティングスキルを勉強しなくてはいけません。

自分で運営していると、自然とマーケティング技術が身についてくるのがブログ作りのいいところでもあります。

ブログで収入を得るためのステップ
  • STEP1
    ブログを作る(無料サイトor有料サイトをレンタル)

    しっかりしたサイトは収益にもなり、名刺がわりにもなり一石二鳥

    レンタルサーバーを登録・Wordpress インストールする

  • STEP2
    SEOが身に付く・ライティング力が上がる

    Webマーケティングについて学びながら、ライティング力も上げていく

    SEO対策・アフェリエイト広告・アドセンス広告対策

  • STEP3
    SNSで発信する

    ブログの収益化を目指してSNSで宣伝していく

    Twitter・フェイスブックで拡散しサイトに集客

  • STEP4
    Googleで上位サイトになる

    Googleで上位に表示されるとPVも増える

    さらに多くの人に見てもらえるように構築する

  • GOAL
    長期的な収入となる

Step2のSEOを勉強すること、広告を取り入れることがWebマーケティング力になります。

  • SEO(検索エンジン最適化)
  • リスティング広告
  • アフィリエイト広告

ブログ運営とSNSの掛け合わせで、自らの手で情報発信の場を作っていきましょう。

  • SNS運用
  • SNS広告

無料ブログサイトと有料ブログサイトの比較まとめ

Oからスタートの無名のブログは、最初から集客が見込めるわけではありません。そこで、発信力があり、コミュニティーの場ができていると無料ブログを使うのがメリットになります。しかし、無料ブログも結局有料サイトに移行しなければ、広告収入を得られないようになっています。同じように費用がかかるのであれば、WordPressでブログを運営した方が個人収入に繋がるメリットがたくさんあることがわかりました。

コメント

Copied title and URL