広告(Adsense)のタグが設定できない

・ブログ作成

Adsense申請の途中のタグ設定ができないという人のための専用記事です。当サイトでは、レンタルサーバーは「お名前.com」でテーマは「cocoon」を採用しています。タグ付けをした際にエラーコードが出てしまう場合は、レンタルサーバー側ブロックの可能性が高いです。

cocoonでAdsenceのタグを設定する場所

まずはAdsence申請をしましょう。登録方法は、cocoonサイトにていねいに解説されているので、そちらを参考にしてください。

広告(AdSense)を手っ取り早く設定する方法
Cocoonテーマ利用時における、最も簡単なAdSense広告設定方法の紹介です。

Cocoonの審査コードの貼付け場所は、WordPressの左バーの「cocoon設定」→「アクセス解析・認証」から簡単にできるようになっています。

アフェリエイトなどの広告設定もこちらで設定可能です。

下へスクロールすると「ヘッド用コード」があります。そこに審査用のスクリプトをコピペして入れます。<head></head>の間に入れてくださいと指示がありますが、cocoonはここの「ヘッド用コード」入れるだけでOK。設定が簡単でとてもありがたいです。

このまま「変更を更新」ボタンを押せば、普通はタグを読み込んでくれます。しかし、中にはエラーコードが出でしまうことがあります。私がそうでした。これは、サーバー側のファイヤーウォールにはじかれたことが原因です。

エラーコードが出てしまったときは?

エラーコードが出てしまったら、自分の使っているレンタルサーバーへ行き、サーバー側のセキュリティー設定を変更します。私はお名前.comを使っているため、そちらのサーバーへ行きます。

自分のIDでログインします。中にあるセキュリティ設定を変更します。

WAF設定をOFFにする

ここで、一旦WAFをOFFにします。WAF設定を「OFF」にすることでサイトのセキュリティー性が低くなります。再度cocoon設定から申請タグの設定ができたら、WAF設定をすぐに「ON」に戻しましょう。

これで、タグ設定が可能になりました。あとは申請を待つだけです。審査が通過したら、さらに広告を貼る場所など下記の記事を参考にしてください。

【cocoon】Googleアドセンス設定と配置|収益が4倍になった方法を公開
本記事では、収益アップのためのアドセンス広告の種類と、適正配置の設定方法を画像付きで詳しく紹介します。 また、この記事を読めば、今後は自分でGoogleアドセンスの配置を好きなようにカスタマイズできる知識が身につきます。

コメント

Copied title and URL